文字サイズ

バイオマスエネルギー

HOME > バイオマスエネルギー > グリーン電力の供給

グリーン電力の供給

資源の有効活用を促進し、バイオマス発電を広げていきます。

グリーン電力の大手供給事業者として

バイオマスエネルギーは、太陽光や風力を用いた自然エネルギーと比べ、安定的にエネルギーを供給できる大きなメリットがあります。そのため各地で導入が推進されていますが、まだまだ小規模施設による供給が主流です。

兵庫パルプでは、蒸発量85t/hのバイオマスボイラー、出力1万8,000kWのタービン発電機を設置し、バイオマスエネルギーにより年間1億3千万kWhを発電。

兵庫パルプが発電する電力のうち、自家消費する電力分の環境価値については第三者機関(日本品質保証機構)よりグリーン電力として認証を受け、「グリーン電力証書」として証書発行事業者(ネクストエナジー・アンド・リソース)より販売されています。

グリーン電力発電設備認定証

グリーン電力発電設備認定証

ページトップへ戻る